Q&A7:「時ノ寿木組みの家」はなぜ”土壁”なんでしょう?  

ヨシコ
”今日は寒かったわね、寒の入りを迎えて、正月気分も吹っ飛びましたね”
ク二オ
”そうだね、すでに小寒、寒さも極まりつつあるからね”
ヨシコ
”「小寒の氷、大寒に解く」とか言われるけど、一年で最も寒い時期は小寒だからね……寒いはず”
クニオ
”もうすでに1月13日なのに……あーたはまだ正月だったのね……正月気分も凍り付いたって感じかな!”
ヨシコ
”(*≧U≦)”

ワイワイと二人はスタジオに移動しました。

ヨシコ
” 読者からお便り来てます、そもそもなぜ”土”なんでしょうか?”
クニオ
”大きく四つあるんだな”
ヨシコ
”へ―、四つもあるんだ、伺いましょうか”
クニオ
”第一に、建材としての機能面から「NO1じゃなくていい、もともと特別なオンリーワン」なこと。
 第二に、木組みと相性が抜群、スクラムを組めばレジリエンスの大きな構造体となります。
 第三に、笑顔になります。
 最後は、土は文字通り、土に還る素材で産廃とならない自然素材であること”
ヨシコ
”えーと、なるほど、では一つ目から具体的に分かり易く説明をお願いしますね、特に笑顔になるは何だろう? 興味あるわね!”
クニオ
”喜んで…その前に一言! 土は世界で最も入手しやすい素材だよね、土の展伸性は広い面積でもつなぎ目なしに仕上げが可能、だから、実はいろんなところに利用されてきました”
ヨシコ 
”過去系ですか!…でもなぜ廃れたの?性能面で新建材に劣っているから?”
クニオ
”いやいや、決して性能面が劣っている分けではありません、現在の生産方式=スピードと画一化的な仕上がりを求める=に合わなかったからですよ”
ヨシコ
”負け惜しみっぽいけど!”
クニオ
”(`┴´)ムッ ぅぅ・・…でも、ミケランジェロの描いたシスティーナ礼拝堂の天井画(最後の審判)のようなフレスコ画も、土を扱う左官技術があってこそ可能だったんだよ!”

「最後の審判」 名画の読み方 木村泰司 ダイヤモンド社


ヨシコ
”アーそうですか!… (´;ω;`)ゴメンネ … 失礼しました”

しばし沈黙 ……     

ヨシコ
”OK! それじゃページをめくりましょう、土の世界に案内してくださいね”
クニオ
”ラジャー 土の世界へ!ヨーソロー!”

「最後の審判」 名画の読み方 木村泰司 ダイヤモンド社

                                 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

木の家 #木組みの家 #土壁漆喰 #自然素材で健康的な暮らし #省エネ住宅 #愛がある #手間かける時間かける #古民家に学ぶ #リフォーム #住宅医 #掛川市 #菊川市 #松ケ岡

“木の家”を一緒に建てませんか?

『時ノ寿 木組みの家』は、多くの職人と共にあなたのご希望に叶う“木の家”を建てる活動をしております。

ぜひ、一度、あなたのご希望をお聞かせ下さい。

お電話・メール・お問い合わせフォームでお待ちしております。

清水建築工房 一級建築士事務所

代表
清水 國雄

〒436-0084 静岡県掛川市逆川473-1

Tel/fax 0537-27-0576

メール : info@shimizu-arc.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です