自転車ララバイ  火剣山は遠かった。

 

 今日は山岳コース、島田市と菊川市、掛川市にまたがる火剣山に自転車ララバイ。

 火剣山にはキャンプ場があり、地元の人にとっては馴染み場所らしいが、僕はあまり興味を持てず、これまで一度も足を運んだことがない。
 最近コースが限定されてきてマンネリしてきたので、新しいコース開拓の一環で火剣山にチャレンジしようと思い立つ。

 秋も深まってくると遠州の空っ風と呼ばれる西風が吹き出す、とくに午後は強くなり、自転車には難敵になるので、早めに出立。

 自宅から火剣山麓の富田までの最短コースは、2か所の峠越えがありこの先の山道が少々不安になる。

 火剣山へは、一般道からいきなり坂道、曲がりくねった坂道なのでその先が見渡せない、”あの先は如何に!”と期待を込めて回り込んみ、見えてくる道の先にさらに坂道が続く展開が3回続いて、やっと坂道の終点が見え休憩して一息ついて給水。

 先を見るとなだらかな坂道、しかしこの先に地獄が待っているとは…
先を急ごうとペダルを踏み込む、200m両側の茶畑を見ながら、なだらかな坂道を進むと、”いやな雰囲気!”目の前に急登が現れる、直線で150mほど続く車もスリップしそうな感覚だ。

 ”とても登れません!”と弱気の虫が騒ぐ。
2回の休息で何とかこの急登をしのぐ、でも息が一気に上がり水の補給がままならない。

 これ以降、火剣山トライはバタバタ、キャンプ場入り口を過ぎて火剣山山頂までを目指すも、漕いでは休み漕いでは休みの繰り返しで、とても自転車ララバイとは言えない状況で、恥ずかしながら火剣山踏破断念。

火剣山遠望しながらここで断念!

 脚力不足を実感の火剣山チャレンジでした。

 

“木の家”を一緒に建てませんか?

『時ノ寿 木組みの家』は、多くの職人と共にあなたのご希望に叶う“木の家”を建てる活動をしております。

ぜひ、一度、あなたのご希望をお聞かせ下さい。

お電話・メール・お問い合わせフォームでお待ちしております。

清水建築工房 一級建築士事務所

代表
清水 國雄

〒436-0084 静岡県掛川市逆川473-1

Tel/fax 0537-27-0576

メール : info@shimizu-arc.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です