主役は「ひのき畳」

  桧(ひのき)の枕詞は「真木栄く」といいます、枕詞と言えば「青丹よし→奈良」「秋津島→大和」「神風の→伊勢」などが有名ですが、「ひのき」も「真木栄く 檜の御門」と歌われていました。
 「ひのき」は枕詞で修辞されるほど古代では立派な気な木、象徴的な木だったのです。

 今計画中のリフォームでは、その「ひのき」の畳みを使用しようと思っている、もちろん畳といっても「ひのき」は畳床に使用するわけだから正確には「ウール状にしたひのき畳床の畳」ということです。
 
 近年、畳が敬遠されてきた理由の一つに藁床のダニやカビがある、その対策としてスタイロ畳なる建材畳が軽さもメリットとして、市場を席巻してきた。
 この「ひのき畳床畳」は、「ひのき」の抗菌性の特性がそのまま活かされて、抗菌、防虫でダニやカビの発生を抑える効果がある。

 調湿性や座ったときの心地よさも、従来の藁床畳と遜色いないし、スタイロ畳と違って環境との親和性も高くSDG’sの点でも「ひのき畳床畳」はお勧めだ、

 ひのき畳 床平成26年度間伐材コンクール 林野庁長官省受賞

 

 


   

        

“木の家”を一緒に建てませんか?

『時ノ寿 木組みの家』は、多くの職人と共にあなたのご希望に叶う“木の家”を建てる活動をしております。

ぜひ、一度、あなたのご希望をお聞かせ下さい。

お電話・メール・お問い合わせフォームでお待ちしております。

清水建築工房 一級建築士事務所

代表
清水 國雄

〒436-0084 静岡県掛川市逆川473-1

Tel/fax 0537-27-0576

メール : info@shimizu-arc.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です