エイジングを味わう  

 

 「年を取ること」「古くなること」を否定的あるいはネガティブに捉える風潮がありますね、一方「熟成する」「古びる」と云うと、何か肯定的なイメージが喚起されませんか。

 メンテナンスフリ―は手間を掛けないことへの解答でなくて、「熟成する」「古びる」ことの価値を否定しているととらえるべきだと思うがどうでしょう。

 かの秦の始皇帝は、不老長寿の仙薬を求めて、倭国に徐福を遣わしたと伝承にあり、かように誰もが年を取るいことを恐れたいたのだ。

 しかし、いつまでも新しい、経年変化がない、年を取らないと思うことは幻想であることは誰も知っている。

 であれば、「年を取ること」「古くなること」を肯定的にとらえ、美しく変化して味わいが深まる暮らしをしたいものです。

 画像は杉板の経年変化の様子、住まい手はこの経年変化を美しい、味わい深いと感じているかな!

“木の家”を一緒に建てませんか?

『時ノ寿 木組みの家』は、多くの職人と共にあなたのご希望に叶う“木の家”を建てる活動をしております。

ぜひ、一度、あなたのご希望をお聞かせ下さい。

お電話・メール・お問い合わせフォームでお待ちしております。

清水建築工房 一級建築士事務所

代表
清水 國雄

〒436-0084 静岡県掛川市逆川473-1

Tel/fax 0537-27-0576

メール : info@shimizu-arc.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です