不快な熱い天井と冷たい壁

クニオ
”頭寒足熱って聞いたことあるよね”
ヨシコ
”知ってるわよ!人体って上半身と下半身の体温を比べると、下半身の方が低いらしいわね、だから血行を良くして上と下の体温の差を小さくいすることが肝要で、それを称して頭寒足熱ってことでしょう”*1)
クニオ
”血行をよくなることで、免疫力や自己治癒力(治す力)を高めることができると言われていますね”
ヨシコ
”処で頭寒足熱がどう展開するのかな?”
クニオ
”断熱性が低い住まいでは、頭寒足熱でなく頭熱足寒が常となりやすく、頭熱足寒の状態が続くと病気になりやすいと”


ヨシコ
”ほー これって輻射熱が大いに関係してるって話になるのかな?”
クニオ
”前回は輻射が引き起こす体感への影響について述べましたね”
”アメリカ空調学会の研究では、壁と天井の表面温度のムラから、人体が感じる不快感について、図のように、一番不快に感ずる状態は熱い天井、続いて冷たい壁だと指摘しています”


ヨシコ
”これって完全に頭熱足寒の状態といえますね”
クニオ
”夏の熱い天井からの輻射熱=熱波は強烈だし、冬の寒い壁からの冷輻射は体から熱を奪い取ります”
ヨシコ
”大開口の窓も閉口ね、冷輻射をビシビシと感じるわ”
クニオ
”結局、夏も冬も断熱性能を高めて、住まいから熱い天井と寒い壁を無くすことが、快適な暮らしを営むカギとなるってことです”
ヨシコ
”実感してます”

ヨシコ

”で次回は”
クニオ
”4月に入り、すでに、改正省エネ法が施行されているから、次からは「省エネの流れを分かり易く」シリーズを再開しましょう”
ヨシコ
”ラジャー” 

*1)出典 自立神経をと免疫の話

“木の家”を一緒に建てませんか?

『時ノ寿 木組みの家』は、多くの職人と共にあなたのご希望に叶う“木の家”を建てる活動をしております。

ぜひ、一度、あなたのご希望をお聞かせ下さい。

お電話・メール・お問い合わせフォームでお待ちしております。

清水建築工房 一級建築士事務所

代表
清水 國雄

〒436-0084 静岡県掛川市逆川473-1

Tel/fax 0537-27-0576

メール : info@shimizu-arc.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です