住まいは人にとって基本的人権=居住権であるその心は

新着情報
 省エネの流れを分かり易く…地域で変わる基準値 New!!

クニオ”ヨシコさん、日本は、北海道から沖縄までそれぞれ特有の気候風土を有しているよね。”ヨシコ”日本って東西南北に長いから、天気予報を見ていても随分と違うなと思うけど、それが何か?”クニオ”いやだから、省エネ基準も全国一 […]

新着情報
 省エネの流れを分かり易く…一次エネルギーって何? 

ヨシコ”昨日(1月10日)秋葉山に初詣に行ってきたんだけど寒かったー!”クニオ”この冬一番の寒波が続いているからね。”ヨシコ”お昼ごろでもマイナス2℃だったの、社務所は暖を求めて参拝客でいっぱい、暖房費も馬鹿にならないわ […]

新着情報
 省エネの流れを分かり易く…プロローグその一

クニオ ”ヨシコさん、2020年もあとわずかですね!”ヨシコ”今年もあと僅か、本当に騒々しいい中で一年が終わろうとしているわね!” クニオ”さてと、来年4月より改正建築物省エネ法が施行されるけど、僕たちは省エネに取り組む […]

新着情報
 設計者のSDG’sが問われる改正省エネ法の説明義務

    2015年のパリ協定* 1)を踏まえ建築部門の地球温暖化対策として、改正建築物省エネ法が来年2021年4月から施行されます、それに先立ち、改正省エネの講習会がリモートで開催されました。  住宅の場合の最大の改正ポ […]

新着情報
時の寿木組みの家」は普遍的デザインでつくるⅤ:健康  

  クニオ ”ところでヨシコさん、健康寿命って知ってる?” ヨシコ ”もちろん知ってるわよ、心身ともに自立していて、健康的に生活が送れる状態のことでしょう!” クニオ”オーさすがヨシコさん””で、健康を妨げる要因として、 […]

新着情報
時の寿木組みの家」は普遍的デザインでつくるⅥ:つくり手に愛があるか  

 ここで「つくり手」とは、家づくりで実際の作業をする人々のこと、最近は施工者と呼び、少し前までは職人と呼ばれていました。  早速、クニオさんとヨシコさんの登場です、二人の会話に耳を傾けてみましょう! ヨシコ”「つくり手に […]

新着情報
「時の寿木組みの家」は普遍的デザインでつくるⅣ:維持管理

 今回から「時の寿木組みの家」誕生譚に二人の人物が登場します、「掛川の風景を創る会」のクニオさんとヨシコさんです、二人の会話から、「人にとってふさわしい住まい」の理念と「時の寿木組みの家」に触れてみましょう。。 ■修理し […]

新着情報
「時の寿木組みの家」は普遍的デザインでつくるⅢ:環境  

   「人にとってふさわしい住まい」が纏うべき具体的なデザインの2項目、環境についてお話をしたいと思います ■環境に配慮しているか。 日本の木造建築は約1300年の歳月を耐え、千年家と呼ばれる民家や100年を超える佇まい […]

新着情報
「時の寿木組みの家」は普遍的デザインでつくるⅡ:安全  

    前回、普遍的(オーセンティシティ)を「人にとってふさわしい住まい」と訳しましたが、このブログでは「人にとってふさわしい住まい」が纏うべき具体的なデザインの6項目についてお話をしたいと思います。  最初に言えること […]

新着情報
「時の寿木組みの家」は普遍的デザインでつくる。

 僕と仲間たち(掛川の風景を創る会)は、理想とする住まいのあるべき姿として時ノ寿木組みの家と云う住まいを提案しています。 「僕らの提案する住まい「時の寿木組みの家」は森林再生が出発点」で示した以下の理念について具体的に述 […]