掛川のコートハウス

掛川のコートハウス

一般的に、コートは外部からの視線を制御しながら閉じつつも開く、外部と内部空間の相互貫入を導く手法として有効です。

例えば芭蕉は「山も庭も動きいるるや夏座敷」と、山や庭が座敷に溢れ込んでくるような感覚を詠んでいます。

掛川のコートハウスは母屋の離れとして増築されました。

母屋と離れの間に挿入されたコートは、当初から視線の制御や室内外空間の相互貫入の役割と共に、増築と既存部分を離れず近すぎず、スープの冷めない絶妙な距離を保つ役目として構想されました。
 
住まい手はエアコンに抵抗があったため、パッシブデザイン(日射熱、風、光を暮らしに最大限活用・調整できるように住まいを設え、省エネルギーの住まいをデザインする手法)は計画上の重要な柱となりました。

母屋と離れの間のコートは風の道となり、庇のある広縁をイメージした回廊は、日差しのコントロールを期待できます。

居間の“吹き抜け”と“高窓”は、開放感を与えると同時に、夏の日中は上昇気流を起こし通風と換気を促し、夏の夜は外の冷気が居住域まで落ちてくるヒートチムニーとしての効果があることはよく知られています。

土壁は蓄熱・蓄冷性能が優れており、パッシブデザインに不可欠なアイテムとなります。

大きな部屋の高窓と斜め天井は、日射を最大限取り入れる工夫、できるだけ明るくしたいという住まい手の要望を形にしました。

軒の角度と出巾(120cm)は、夏至の南中時(太陽高度:78゜50´)により決定しました。

●建設地 掛川市

●構造・規模 木造2階建て増築
88.17m2(26.7坪)

●施工
○大工:(有)鈴木創建  
○左官:(株)松本工業
○板金:(株)中山板金工業所
○住設:TOKAI
○製材:山田製材(株)
○構造材:(株)スンエン
○電気設備:(株)田嶋電気工業所
○給排水衛生:(株)浅岡工業
○防蟻処理(ヒバ油+木酢液)オリジンコーポレーション

●主な仕上げ

○外部
外壁:薩摩霧島壁、ベンガラ入り漆喰仕上げ、杉羽目板張り(土壁下地)
屋根:ガルバリュウム鋼板瓦棒葺き+太陽光パネル

○内部 床:杉板厚40、一部琉球畳敷き  
     壁:薩摩中霧島壁押さえ
      天井:杉板厚15 本実小屋組表し

●温熱性能
熱損失係数(Q値)  夏期日射取得係数 

…………………………………………………………………

●木工事費  約  円
●左官工事費  約   円
木材コーディネーターによりコーディネートされた構造材費 約   円 

●総工事費 16,000,000 〜18,000,000円(地盤改良費、外構費は含まず) 

●設計監理料 1,600,000〜18,000,000円

“木の家”を一緒に建てませんか?

『時ノ寿 木組みの家』は、多くの職人と共にあなたのご希望に叶う“木の家”を建てる活動をしております。

ぜひ、一度、あなたのご希望をお聞かせ下さい。

お電話・メール・お問い合わせフォームでお待ちしております。

清水建築工房 一級建築士事務所

代表
清水 國雄

〒436-0084 静岡県掛川市逆川473-1

Tel/fax 0537-27-0576

メール : info@shimizu-arc.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

国本の家

次の記事

赤目ヶ谷の家