神明町の家(終の住処)

神明町の家(終の住処)

神明町の家は、高齢者の終の住処として計画されました。
住まい手は「木で組んだ家」という具体的な住まいのイメージと共に、穏やかな暮らし、これまでの暮らしの記憶の継承(古い建具の活用など)を望んでいました。

私たちが提案している「時ノ寿 木組みの家」は、貫+土壁と木の特性を活かした渡り腮(アゴ)構法で木を組み、パッシブな温熱環境を追求した土壁・木組みの家です。

住まいは、西側の道路からアプローチして南東に開いたL型に配置した。
奥様はすでに歩くことに不自由を覚えていたので、段差解消の物理的なバリアフリーと共に、居間と寝室を南東に開いた庭に面しながら、直接浴室と便所にアプローチできるプランを提案。
その浴室と脱衣室は、日だまりの暖かさが実感できて庭を眺められる南側にあります。

パッシブデザインでは、通風と日射遮蔽を特に重視。
ここ神明町の家でも、南北方向の風の通りを意識して、居間の吹き抜けと、吹き抜け上部に通風を促す高窓を計画。居間の南面には濡れ縁のテラスと庇を深く出して夏の日射遮蔽を意識しました。

 寝室の植栽で囲まれた地窓は、外が冷気のたまり場(植栽と水やり)となり、夏はその冷気が室内に侵入して気持ちがいいようです。

●建設地 掛川市
 ●構造・規模 平屋建て新築   62.08m2(18.9坪)
●施工 ○大工:(有)小坂建築  
    ○左官:(株)松本工業
    ○板金:(株)中山板金工業所
    ○住設:TOKAI
     ○製材:山田製材(株)
    ○構造材:(株)スンエン
     ○電気設備:(株)中遠電気
    ○給排水衛生 (株)浅岡工業
    ○防蟻処理(ヒバ油+木酢液)オリジンコーポレーション
●主な仕上げ
 ○外部 外壁:リシン掻き落とし、ガルバリュウム鋼板竪ハゼ葺張り 
     屋根:大屋根・瓦屋根 下屋根・ガルバリュウム鋼板竪ハゼ葺き
 ○内部 床:杉板厚15、一部畳敷き  
     壁:漆喰(ボード下地)
      天井:杉板厚15本実小屋組表し、土佐和紙

●温熱性能
     熱損失係数(Q値)   夏期日射取得係数 
…………………………………………………………………
●木工事費  約2,500,000円 ●左官工事費  約2,100,000円
木材コーディネーターによりコーディネートされた構造材費  約 2,300,000円 
●総工事費  約20.000.000~22,000,000円(地盤改良費、外構費は含まず) 
●設計監理料 2,000,000~2,100,000円 

住まい手感想

NPO法人時ノ寿の森クラブの会員として以前から付き合いがありました。
彼の進めている「木組みの家」構想に共感し、我が家の新築をお願いしました。
ゼネコンに一括発注するのではなく、彼を中心にしてそれぞれの専門会社に直接発注する方法で、木と土を使って私たち夫婦の老後を楽しむ理想の家が出来上がりました。
築後3年たった今でも大小の修理等、細かくフォローして貰って、大変感謝しております。

(追記)
妻の持病が悪化し入院を余儀なくされましたが、最近退院して車椅子での生活となりました。
ケアマネージャーに在宅でのアドバイスをいただきましたが、建築的にはパーフェクトだと太鼓判を押していただきこの点も感謝です

“木の家”を一緒に建てませんか?

『時ノ寿 木組みの家』は、多くの職人と共にあなたのご希望に叶う“木の家”を建てる活動をしております。

ぜひ、一度、あなたのご希望をお聞かせ下さい。

お電話・メール・お問い合わせフォームでお待ちしております。

清水建築工房 一級建築士事務所

代表
清水 國雄

〒436-0084 静岡県掛川市逆川473-1

Tel/fax 0537-27-0576

メール : info@shimizu-arc.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

せがいの家

次の記事

土を使ったリフォーム