設計例 終の住処 of 時ノ寿 木組みの家

玄関アプローチ玄関脇の目隠しスクリーン玄関と格子戸玄関ホールと格子戸くつろぎくつろぎの広がりくつろぎとキッチンを見るくつろぎの飾り棚とローボード座敷和室の古材

終の住処
 「終の住処」は60代後半の夫婦の住まう平屋(28坪)住処、人生のしまい処を過ごす住まいです。
 高齢者の「終の住処」だから、特に暮らしのエネルギーの削減は大命題、エネルギー削減はまずは機械(エアコンは使用しない)に頼らず、古民家の手法でパッシブデザインを最優先しました。
 日射熱の利用や日射遮蔽だけでなく、立体通風、多面採光、ウインドキャッチなどはグーグルアースや気象庁のデーターを駆使して計画に反映させました。
 給湯は「時ノ寿木組の家」の定番である、太陽熱一体型給湯を採用、日々のエネルギー消費量の削減に大いに励んでくれるでしょう。
 仕上げも高齢者の五感に心地よい質感で仕上げた、漆喰、藁入り漆喰、大坂土の糊土撫で上げ仕上げなど、左官の技をみていただくのも一興かも。
 木の架構は全て杉と桧で組み、屋根は「時ノ寿木組の家」のスタンダード、登梁と九分の杉板に屋根通気を組み合わせ、杉板と通気屋根の間に断熱材を組み込む工法で仕上げました(熱貫流率は0.37W/m2・Kと次世代基準値(0.24W/m2・K)を楽々越える熱的境界線)。



●建設地 菊川市堀之内地内
●構造・規模 平屋建て 92.71m2
●施工 ○大工:(有)小坂建築  
    ○左官:(株)松本工業
    ○板金:(株)中山板金工業所
    ○住設:TOKAI
    ○製材:山田製材(株)
    ○構造材:時ノ寿の森・(株)スンエン
    ○電気設備 (株)田嶋電気工業所
    ○給排水衛生 (株)浅岡工業
    ○防蟻処理(ヒバ油+木酢液)オリジンコーポレーション
●主な仕上げ
 ○外部 外壁:リシン掻き落とし、ガルバリュウム鋼板小波
     屋根:ガルバリュウム鋼板縦ハゼ葺き
 ○内部 床:桧板張り、杉板張り  
     壁:漆喰、色土糊捏ね撫で切り、土佐和紙
     天井:杉板本実小屋組表し、土佐和紙
●温熱性能
     熱損失係数(Q値)2.65W/m2K  夏期日射取得係数 0.05
………………………………………………………………………………………
●木工事費  約7,900,000円
 上記の内、木材コーディネーターによりコーディネートされた
 構造材費  1,400,000円 
●総工事費  約18,600,000円(地盤改良費、外構費は含まず) 
●設計監理料 1,600,000円