設計例 終の住処2

正面居間・漆喰と紅緋と焦茶、三色のコントラスト キッチン吹き抜けから見下ろす居間 和室 床の間建築化された間接照明 玄関戸は時ノ寿木組の家の定番・格子戸(木製)

終の住処 Ⅱ
若夫婦+子供の3人家族、熱損失係数2.68と、数値的にはギリギリ次世代省エネ基準をクリアー(エコポイント対応住宅)したが、通風が躯体の壁の熱を奪うことで、予想以上の快適さを作り出すことができた。

●建設地 菊川市西方地内
●構造・規模 2階建て  119.24m2
●施工 ○大工:松本建設  
    ○左官:(株)松本工業
    ○板金:
    ○住設:TOKAI
    ○製材:
    ○構造材:
    ○電気設備 (株)田嶋電気工業所
    ○給排水衛生 (株)浅岡設備
    ○防蟻処理(ヒバ油+木酢液)オリジンコーポレーション
●主な仕上げ

 ○外部 外壁  1階部分:リシン掻き落とし        
       屋根:瓦葺き
 ○内部 床:桧板厚15、一部琉球畳敷き  
       壁:本漆喰(土壁下地)
       天井:杉板厚12、一部小屋組+化粧野地板表し
●温熱性能
     熱損失係数(Q値)   夏期日射取得係数 
………………………………………………………………………………………
●木工事費  約9,000,000円
 上記の内、木材コーディネーターによりコーディネートされた
 構造材費        万円 
●総工事費  約22,000,000円(地盤改良費は含まず) 
●設計監理料 1,600,000円