家守りシステム of 時ノ寿 木組みの家

5つのこだわり

 

家守りシステム

建築士事務所の責任:建賠保険への加入はマナ

設計・工事監理業務のミスが原因で発生した損害に伴う、賠償責任をカバーする保険制度に建築賠償保険があります。
準備に十分な時間を掛け、綿密な計画に基づいて設計図書が作成され、その意図するところを忠実に反映した施工が行われれば、事故など起こるはずなどありません。
しかし、結果的には必ずしもそうでもなく、多くの事故は起こるべくして起こる場合が多いのです。
事故が起これば、設計者ばかりか発注者である住まい手も大きな心労に見まわれ、一瞬にして信頼関係の糸は切れてしまいます。
そして起こった事故の損害を少しでもカバーしてくれる建築賠償保険は、設計者ばかりか発注者にも事故の軽減を果たしてくれるはずです。
そういう意味で、建賠保険への加入は設計事務所のマナーと言えるでしょう。

「楽も苦も 時過ぎぬれば  跡もし世に残る名を 他だ思うべし」です。

ページの先頭へ